アプリ開発する際、外部サーバにアクセスし情報を取得したいことはよくあると思います。最近、異動し業務でアプリ開発に触れる機会が増えてきているのですが、昔からの風習?? で1機能を実装するのに「アプリを開発する人」、「サーバ側を開発する人」という分業制で開発をしています。この開発スタイル、担当範囲が狭いため一部分の開発に集中できるのですが、いろいろ問題も多い。

その一つがアプリとサーバ間の疎通確認。分担のなので local 上で確認できず、サーバにアップしなければならない。仮にサーバ側に問題があった際に改修してもう一度サーバアップするという手間が発生してしまいます。さすがに効率悪く、開発スピードも上がらないので local 上でアプリ、サーバサイドの疎通確認をできるようにしました。といっても、やることは簡単で、開発サーバアクセス時の URL をアプリに指定してあげるだけです。ただここで、http://localhost:8080 などど指定すると失敗します。AVD から見て localhost は自分自身のためです。そのため、localhost ではなく IP を指定してあげれば解決できます。ローカル PC の IP アドレスを確認し、http://192.168.xx.xx:8080 と指定してあげれば OK です。

簡単にできるのになぜ今までやってこなかったのかは疑問ですが、とりあえず今の業務ではこの効率の悪い分業制は廃止していこうと思いました。