愛知県江南市は24日、グラウンドなど市内47カ所の公共施設の使用料や、学童保育の利用料などを来年度以降、段階的に値上げする方針を明らかにしました。厳しい財政状況の中で、利用者に応分の負担を求めます。公共施設の利用料の大幅改定は1981年度以来、36年ぶりです。

 関連の議案を9月の市議会定例会に提案します。住民サービスに大きく影響するだけに、議論を呼びそうです。

 市の案によると、値上げされる公共施設のうち布袋ふれあい会館は、競技場の使用料が現在は2時間無料ですが、来年度は690円に。市民スポーツなどで夜間に開放している各小中学校の体育館の使用料は、現在の520円から来年度は倍近い960円になります。

 住民票といった証明書類発行などの手数料も、32種類について値上げ。住民票は現在の1枚200円から来年度は300円になります。

 公共施設と証明書の発行などを合わせ、無料から有料化するサービスは58項目に上ります。金額は職員の人件費やサービスの必要性、公共性などを考慮して算出。利用者の急激な負担増を防ぐため、値上げは17年度、22年度、27年度の3段階に分けて、その都度、見直します。

f:id:wataru-hojo1111:20160825133949j:plain

△出典:中日新聞

 行政経営課の担当者は「サービスを利用しない市民との公平性に配慮した」と話しました。

 また、共働き世帯などの児童が放課後に通う学童保育所について、通年で1人1カ月2,500円だった利用料を、19年度までに4,000円に引き上げます。現在は通年で同じ金額ですが、夏休みで利用時間が増える7、8月は他の月よりも高くします。

 子育て支援課によると、学童保育所の利用が増える中、運営の安定化を図りたいといいます。市内10カ所の学童保育所で将来、対象児童を現在の小学3年生以下から同4年生以下に引き上げる方針で、増加する費用を確保する狙いもあるといいます。

◆利用の親から低所得者助成求める声も

 学童保育所の利用料引き上げ案について、実際に利用する市内の保護者からは理解を示す声が上がる一方、低所得者への配慮を求める声もありました。

 小学1年生の娘を預けている女性会社員(30)は「値上がりしてでも、6年生まで見てもらえる方が安心」。2年生の息子が通う会社員の母親(47)も「(入学前の)保育園の時に比べれば安い。先生も大変だと思う」とうなずきます。

 一方、1年生の息子を預ける病院職員の母親(34)は「値上げの詳しい理由が分からないので、まだ何とも言えない」としながらも、「低所得者には助成などがあればいいのでは」と提案しました。